電子水生成器の活用方法

健康や美容、アンチエジングのために注目されている電子水ですが、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。お茶やコーヒーにも使えるのでしょうか? 通販で買ったほうがいいか生成器で作ったほうがいいか、そういった疑問に全てお答えします。

電子水の活用方法

電子水のご活用方法としては、もちろんまずは飲料水として日常的にご愛飲いただくのがあるのですが、電子水にはそれだけではなく多彩な活用法があります。それをここではご紹介します。

コーヒーやお茶を作るときに

電子水は加熱に強い性質を持ち、お湯にしても有効成分がなくなりません。そのため、お茶やコーヒーにしても電子水のメリットをご活用いただけます。
もう少し具体的にいいますと、電子水は水の中の電子の量を増やしている水です。この過剰ぎみにした電子が体内の活性酸素と結びついて無害化させるのです。これを抗酸化作用といいますが、例えば水素のように他の物質を使って抗酸化作用を行う水もあります。しかし水素はすぐに空気を反応してしまうために、お湯を沸かすなどのことをするとすぐになくなってしまいます。それ対して、電子水の電子は加熱しても減りませんので、コーヒーやお茶にしても、その中に電子が残り抗酸化作用を維持し続けるのです。

ウイスキーや焼酎の割り水や氷として

上述のように電子水には加熱や冷却に強く空気に触れても効果を維持するという性質がありますので、お酒を割ったり、ロックアイスにするのにも向きます。

赤ちゃんのミルクに

赤ちゃんのミルクを作るには、殺菌のために一度沸騰させ、その後70度ぐらいでミルクを溶かし、最終的に40度程度に冷ます必要があります。電子水は加熱に強く空気に触れても大丈夫なので、沸騰させてから時間をかけて冷ましても問題がありません。
粉ミルクに混入している可能性のある菌(サカザキ菌)を死滅させるには、70℃以上のお湯で粉ミルクを溶かす必要があるのですが、電子水もその他の◯◯水もサカザキ菌を殺すことはできません。そのため、粉ミルクに使うには、温度調整を守らなければならないのですが、電子水はそのようにしても効果が落ちないのです。

お風呂の水として

加熱に強く、空気に触れても成分が失われず、水道水から45分で生成できる電子水は、お風呂のお湯のようにたっぷりと使う場面でも経済的にご活用いただけます。

植物への水やりとして

活性酸素が細胞を破壊して老化させ、それに対抗するために活性酸素を打ち消す成分(電子水の場合は電子)を細胞の中に送り込むという仕組みは、人間の体だけではなくて、細胞構造を持つ他の生物でも同じです。植物も細胞構造を持っており、細胞の老化を防ぎ生き生きとさせる効果があります。特に切り花が長持ちすると言われています。

電子水生成器はプレゼントにおすすめ

電子水生成器は、水道水を入れたペットボトルを生成器の上に置くだけで簡単に電子水を作ることのできる機械です。この電子水生成器は特に恒例のご両親へのプレゼントにぴったりです。これには2つ理由があります。

アンチエンジング効果

ご両親にはいつまでも健康でいてほしいものです。プレゼントはその願いを込めているわけですので、アンチエンジング効果のある電子水はぴったりです。

家庭内事故の防止のために

アンチエンジングよりももうちょっとシビアで現実的な話です。
電子水でなくても「体に良い」をうたう水はいろいろあります。その効果の当否についてはともかく、この2つのことははっきりとしています。つまり「水は毎日飲む」と「水は重い」です。
人間は生きているだけで一日2.5リットルの水を必要すると言われます。ご両親お二人なら一日5リットルとなります。5リットルの水の重さは5kgです。
5kgの水を持ち運ぶのはかなりの負担になります。これを毎日というのは、手間がかかるという以上に危険です。

ペットボトルを外に買い物に行くとしましょう。5kgの水を自転車のかごに乗せて毎日往復するのは、かなり危険ではないでしょうか。自動車が使えたとしても5kgの水を持って階段を上がったり段差をこえたり車から出し入れするのは、一歩間違えると危険なことになります。
配達してもらったとしても同じです。一般的なウォーターサーバーのペットボトルは8リットルから12リットル入りで、一抱えもあるあのペットボトルは成人男性でも取り扱いに苦慮します。配達してもらったとしても、それを玄関から台所まで移動したり、空になったら床から腰高の台まで持ち上げてセットしなければなりません。それが2日に一度あるわけです。
ご両親の健康とアンチエイジングのためにと思ってプレゼントした水のせいでご両親が転んで怪我をしたりしたのではあまりにも残念です。
電子水は水道水を好みの大きさのペットボトルに入れて生成器にセットするだけですので、1リットル程度の、一度に使い切れる大きさで持ち運んでも無理のない大きさ重さのボトルを使うことができます。

安心・安全の電子水を継続して飲むために

電子水を入手する方法は2つあります。通販でボトル詰めされた電子水を購入する方法と、ご家庭に電子水生成器を設置する方法です。

この2つの方法のうち、電子水生成器を使うほうがおすすめです。
なぜかというと、2つ理由があります。

何度も通販で注文しなくても良い

電子水の性能は通販でも家庭用の生成器でも同じです。そして家庭用の生成器でも電子水の生成には45分しかかかりません。そのため通販のメリットは初期コストが安いということだけになるのですが、水は重くその配達にはコストが掛かりますので、なんども通販を使うとランニングコストがすぐに初期コストを上回ってしまいます。

電子水は飲料以外にも使える

電子水は飲用に使用するだけではなく、料理や洗顔などにもお使いいただけますので、使う量が多くなる傾向があります。これはボトル詰めのミネラルウォーターと同じで、重いものを持ち運んできた割高な水を、大量に、例えば煮炊きものにまで使うのは躊躇してしまいます。
電子水生成器は水道水を使うことができますので、パスタの茹で水でも、洗顔水でも、リットル単位でたくさん使うような用途であっても、気兼ねなくお使いいただくことができます。

電子水の仕組みから作り方

人間を含めたあらゆる動植物の身体は細胞からできています。その細胞は分子からできていて、その分子は原子の集合体です。さらにその原子はプラスの原子核とマイナスの電子で構成されていて、通常は原子のプラスとマイナスは打ち消しあって中性になっています。
しかし、この電子は逃げやすい性質を持っているため、電子が逃げると原子はプラスの性質に偏ります。こうしてプラスの原子とマイナスの原子のバランスが崩れ、弱酸性の状態となります。分子を構成する原子のバランスが崩れると、その分子から構成されている細胞や血液のバランスも崩れてしまいます。こうして体の不調につながっていきます。
体を健康に維持するには、このバランスが崩れないように注意しなければいけなのですが、浄水処理された水道水はカルキなどによってマイナスの電子がかなり放電された状態となっています。
電子水は特殊な電気反応によって水分子の中の電子の量を増やし、人間の体を本来のバランスである弱アルカリ性に変化させる働きがあります。そのため電子水は体に優しい水であるといえます。また分子クラスターを細かくする作用もありますので、電子水はのどごしもまろやかで、細胞の内部に浸透しやすく、健康や美容のためにたくさん水を飲むようにしている方にもおすすめです。